このブログでは、主に性同一性障害に関連する私自身の思いや活動の内容を書いています。

LGBT議連総会
LGBT議連

国会でLGBT議連の総会が開催されましたので参加してきました。

今回は、GID学会理事長の中塚先生による性同一性障害治療の健康保険適用と特例法改正についての講演が中心でした。
参加されている議員は10名ほどで少々寂しい感じです。

健康保険に関しては、ホルモン療法が未適用であるためせっかく手術療法が保険適用になっても利用できる人はごく限られるという話が強調されていましたので、議員のみなさんにもホルモン療法保険適用の早期実現が必要という認識が周知されたのではないでしょうか。

特例法改正については「現に未成年の子がいないこと」の削除や「手術要件」について話が出ましたが、こちらも議論はこれからというところです。

LGBT議連ては一部LGBT差別禁止法(差別解消法)を目指す動きもあるようですが、これは自民党が反対の立場をとっているのでなかなか難しいでしょう。
それよりも、まずは性同一性障害に関するホルモン療法適用や特例法改正の方が話が早いと思うので、議連として実績を上げる意味でもぜひこちらを優先的に取り上げていただきたいものです。
| ran-yamamoto | 政治 | 23:27 | - | - |
カナダがパスポートの性別欄に「X」の使用を認める
2009年西村外務政務官との面会
※写真は、2009年外務省で西村政務官(当時)と面会し、要望書をお渡しした時のものです。

カナダがパスポート(旅券)の性別表記にXを認めることになったという記事が出ていました。

カナダ、公的書類に第3の性の選択肢「X」容認へ(AFP)

パスポートのフォーマットは国連の専門機関である国際民間航空機関(ICAO)で決められているのですが、性別記載については元々M/F/Xの表記が許容されており、今に始まったことではありません。オーストラリアやニュージーランドでは20年以上前から実施されています。
それどころか、アメリカを始め戸籍や出生証明書の性別とは異なる性を登録できる国も多数あります。日本だけがかたくなに遅れているんですよね。

性別変更をまだ行っていない、あるいはできない性同一性障害の当事者は、旅券に書かれた性別と本人の容姿が異なることで入出国のイミグレーションで疑われ、場合によっては入国できないこともありえます。ホテルのチェックインやクレジットカード、トラベラーズチェックの使用と言った場合にもパスポートの提示を求められ、無用なトラブルに巻き込まれる可能性があります。更には、ヘイトクライム(憎悪犯罪)により、身の危険にさらされる可能性さえ無くはありません。

旅券の最初のページには「日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する。」とあります。しかし性同一性障害の当事者が旅券を保持して旅行することは、逆に本人を危険にさらすことにもなりかねないのです。

実は2009年、まだ民主党政権だったころ当時の外務省西村政務官と面会し、旅券の性別欄につき削除または本人の自認する性別、あるいはXの記載ができないか要望したことがあります。

面談には政務官だけでなく領事部旅券課の官僚の方も同席され、同省の考えも聞かせてもらえました。
それによれば、

  • パスポートにおける記載事項は、国際民間航空機関によってその体裁や記載事項が規定されているため、日本独自の判断で性別欄を削除することはできない。
  • 現在性別の記載は、旅券法施行規則第1条6項により規定されている。
    本記載においては、戸籍謄本または抄本を本人を公証する手段として提出が定められており、それを唯一の根拠として記載を行っているので、戸籍に記載されている以外の表記とすることはできない。
  • 従って、性同一性障害を有する者に対して、戸籍に記載されている表記以外の表記とするためには、それを可能とする根拠が必要。つまり解釈ではなく、何らかの法律が整備される必要がある。
  • 性別の扱いについて、外務省だけが突出することはできない。政権全体として考えていくべき課題。

ということでした。
つまり外務省としてはやりたくでもできないというように聞こえます。まぁ、半分は言い訳かもしれませんが。

しかし、言い分は理解しました。
確かに性別をどう扱うのか、というのは政府として、国全体として考えるべき課題です。
私は、現在の性同一性省が特例法は廃止して、「性同一性障害基本法」というようなものを作りたいと考えています。
この法律に差別や不利益の解消などを含め、性別変更や性別についてどう扱うかを規定するわけです。その中で性別変更していない人に対する扱いも決めておきます。
そうなれば、旅券の性別だけでなく、マイナンバーや健康保険証の性別など様々な問題が解決に向けて進むでしょう。
なんとかまだ動ける内に、そうした流れを作れれば良いのですが。

| ran-yamamoto | 政治 | 20:10 | - | - |
前川喜平前文部科学事務次官の思い出
2013年文科省要望書提出1

2013年文科省要望書提出2

加計学園の問題ですっかり有名?になった前川喜平前文部科学事務次官ですが、実はお会いしたことがあります。氏がまだ初等中等教育局長だった2013年の11月、要望書をお渡しし、性同一性障害の問題について施策の実現をお願いした時のことです。
この時、お渡しした 要望書 はこちら。
また、後日いただいた 返答 はこちらです。
実態調査の実施、有識者による検討委員会の実施、指針の策定、ガイドブックの作成などが盛り込まれています。

要望してからすぐ、翌年1月には全国調査が実現、それを受けて検討委員会が設置され、翌年の「性同一性障害に係る児童生徒に対するきめ細かな対応の実施等について」の通知が行われ、ガイドブックの作成につながっていきました。

前川氏がこの一連の施策の実現にどれだけ関与されたのかはわかりません。ただ、その後のご発言などを鑑みると、一定の影響力があったことは間違いないところでしょう。
実際、15年間政治家や官公庁に対するロビー活動をやってきましたが、官僚のトップとお会いできたのはこれが最初で最後でした。

ある意味、儀礼的な意味合いが強い大臣との面会より、官僚のトップと会った方が施策の実現には早いのかもしれません。もちとんその方がこの問題に関心を持ってくれていればの話ですが。

前川氏には要望の最後に「LGBTと性同一性障害を一括りにするような施策を行わないでください。」とのお願いもしたのですが、「それが多様性を尊重するということですよね。」と笑っておられたのが印象的でした。
| ran-yamamoto | 政治 | 15:14 | - | - |
1
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ