このブログでは、主に性同一性障害に関連する私自身の思いや活動の内容を書いています。
性同一性障害はトランスジェンダーではない
ツイッターで「トランスジェンダーの広義の中に性同一性障害って含まれてるのではないんですか??」というリプをいただいていました。

確かにそのように主張している人もいます。が、私は「違う」と思っています。
そこで、ツイートだと文字数が少なすぎて意図が伝わりにくいんじゃないかと思うのと、割と重要な問題なので後々も読めるようにブログに残すことにしました。

理由はいくつかあって、性同一性障害は医学的疾患名だけれどトランスジェンダーは当事者が作り出した言葉で定義が曖昧というのもあるのですが、このあたりは最近やまだ悦子さんによっていろいろ反証されているので、もう一つ重要な要素について書くことにします。

それは、トランスジェンダーが「人格を表す」あるいは「分類する」言葉だと私は思うからです。

例えば「私はトランスジェンダーです。」と言う場合と「私は性同一性障害です。」という場合を考えてみましょう。
これ、一見同じように見えますね。でも、
「私はトランスジェンダー」は、私はトランスジェンダーという人です。という人格や分類を意味し、
「私は性同一性障害」は、私は性同一性障害という疾患にかかっています」ということを意味しています。
このあたり、実は英語で書くとよりわかりやすいと思うのですが
「私はトランスジェンダー」は、I am a transgender.
「私は性同一性障害は」I have GID.
なんですよね。もっと言えば I am a woman, but I have GID. というとろでしょうか。

幻の ガイドライン第2版副読本 には、「性同一性障害を有する者」について、次のような文章があります。
よくある誤解に、疾患の分類と人間の分類を混同することである。疾患の分類は、あくまでもある人が有する、疾患についてであって、その人を分類するものではない。具体的にいえば、性同一性障害を有するからといって、その人が「性同一性障害者」という人間に分類されるのではない。もし安直に、ひとびとを有する疾患によって分類するとすれば、それぞれの人格を否定することにつながりかねない。個々の人格を忘れさせ、「あの人は性同一性障害者」「あの人はアルコール依存者」などと単なる人々のレッテル張りとなり、さらには差別を助長することにもつながるであろう。まず個々の人格があることを忘れてはならない。その人には職業人としての要素、家庭人としての要素、地域の人としての要素、ある年代の人としての要素などさまざまな部分があるのである。そのようなさまざまな要素が一つになりその人の人格が構成されているのである。そしてそのような人格を持つ一人の人間が、ある疾患を抱えているのである。すなわち、「性同一性障害者」という人がいるのではなく、「ある人が性同一性障害を抱えている」のである。

ここに書いてあるように、性同一性障害者という人がいるわけではなく、ある人がいて、たまたま性同一性障害という疾患にかかっているだけなんです。
同様に、トランスジェンダーという人がいるわけではありません(それをアイデンティティとしている人は除き)。

性同一性障害を持つ人に対しトランスジェンダーという呼ぶということは、「あなたは(本物の)女(あるいは男)じゃない。」と言っているのと同義なんですよ。
これがいかにレッテル貼りとなるのか、その人に対して非常に失礼なことをしているのか、わかっていただけるでしょうか。

私はあくまでも女性であって、他の何の性でもありません。
これが、私がトランスジェンダーという用語を用いない、性同一性障害とは異なると主張している理由のひとつです。
| ran-yamamoto | 性同一性障害 | 20:26 | - | - |
根室市議選で保坂いづみさんが当選
10日に行われた根室市議選で、性同一性障害を公表して立候補した保坂いづみさんが初当選を果たしたとのことです。おめでとうございます。

性同一性障害公表の弁護士・保坂さん、根室市議に初当選(北海道新聞)

これで、日本では上川さん(世田谷区議)、細田さん(入間市議)に次いで3人目ですね。

保坂さんは、実は私と大学・学部が同窓ということもあり、陰ながらですが応援していました。
それにしても、法学部出身でもないのに30歳を過ぎてから弁護士を目指して6回目の挑戦で合格されたとか、たいへんな努力だったと思います。私にはとっても真似できません。

そして元々神戸出身なのに岡山で弁護士になり、弁護士過疎地域の対策として根室に移られたとか、どれだけ意識が高いのでしょうか。
ただ、根室で開業されたのが昨年2月だから、まだ1年半しか経っていません。これからは市議としての活動が忙しくなるでしょうから、弁護士活動はお休みということになるのでしょうか。
せっかく過疎弁護士対策で根室に行かれたのだから、まずはその分野でもっと活躍して欲しかったと、残念な気持ちもあります。

まぁでも、弱い者の味方というのは同じでしょうし、弁護士としての知識も活かせるでしょうから、ぜひ実績をあげてほしいものです。

ところで、6月に行われた尼崎市議選で、森村さやかさんが立候補され、落選されていたようです。

尼崎市議選 森村さやかさん 善戦も惜敗

これ、全然知りませんでした。
サイトでは善戦と書いていますが、最下位当選の半分にも達していないから惨敗と言えるでしょう。

森村さんと言えば、一時期関西で活発に活動され、特例法改正では一緒に闘ったこともあります。
2008年当時、生駒市議選に立候補するということで運動されていたようですが、結局理解を得られず立候補を断念。その後の消息はほとんど聞こえてこなかったのですが、ずっと政治に関わっていたんですね。もう10年越しだから、執念も感じられます。

私とは意見の相違も大きかったのですが、こうやってひっそりと落選されている様子はもの悲しいものを感じます。
まだ続けられるのかどうかわかりませんが、がんばってほしいものです。
| ran-yamamoto | 性同一性障害 | 18:54 | - | - |
影裏


今年の芥川賞受賞作、沼田真祐さんの「影裏」を読みました。
芥川賞受賞作をすぐに読むなんて、ミーハーな感じがしていつもはしないのですが、今年の受賞作には性同一性障害の当事者が出ていると谷合規子さんから薦められ、単行本までいただきました。まぁまぁおもしろい作品でした。

正確には性同一性障害という言葉は一度も出てきません。その人は主人公の元恋人にあたるのですが、性別適合手術を受けるつもりとあるので、まぁ当事者で間違いないでしょう。

ただ、作品の性格上いろいろなことが説明されていないので、詳しいことはわかりません。
冷泉彰彦さんによればこれはこれは「全てを説明しない」という省略の技法なのだそうです。確かに性同一性障害の部分だけで無く、いろいろな内容が全てを説明されず、断片として切り出されて提示されていきます。あとは、読者の想像で補完してくださいということなのでしょう。

ネタバレになるので詳しくは書きませんが、そもそも、この主人公の元恋人というのが、MTFなのかFTMなのかすらよくわかりません。名前は明らかに男性名、しかし声は完全に女性声。一人称は「わたし」、2年もつきあって結婚まで考えていたとあります。

2年前は「女性」だったとすればFTMということも考えられます。でも現在も声が変わっていないならその後ホルモン療法などの身体的治療を何もしていないことになります。とすれば改名だけしたとは考えにくいのので、やはりパス度の高いMTFと考えるのが妥当でしょうか。

それにしても、SRSもまだ受けていなくても家族にも紹介できるような状態で、しかもイベント会社に勤務してプレゼンをバリバリこなすキャリアウーマン。どれだけパス度が高いんでしょうか。そこには、性同一性障害にまつわる苦労話などは全く垣間見れません。

とはいえ、主人公は男性同性愛的指向を有していると思われるような表現や行動が描かれています。そういう意味でMTFの恋人がいたということは、そうした指向があるということを補強するような意味合いがあるのかもしれません。
それであれば性同一性障害は出汁として消費されたようなもので、なんだかなぁですね。

実際、作者が性同一性障害のことをどこまで理解していて、どういう意図があったのか本当のところはわかりません。ちゃんとわかっていればこんな風には描けないんじゃないかとも思わないでもありません。
ただまぁ、性同一障害であるということは、単にその人のパーソナリティの一部であってたいした問題ではないというように描かれているようにも思えます。

それだけ社会において認知されてきたというか、今までのように「大変なんです。苦労しているんです。」の時代では無くなってきているのでしょうか。
もし、本当にそうであれば、私たちが「普通にくらせる社会」は近づいてきているのかもしれません。それならそれでうれしいことではあるのですが。

この作品、性同一性障害のことだけでなく、他の部分も日常が断片として淡々と提示されているだけと言えばだけです。
そのため、鮎釣りで途中で帰ってきてしまった件や、最後の黄色い合格通知の話などよくわからない部分もありました。

しかし、私たちは生きている上で、いろいろなことは断片でしか提示されておらずあとは補完するか無関心でいるかしかありません。
そうしたことを考えれば、「全てを説明しない」技法は日常そのもの提示なんだとも思えてきます。

といようなことをいろいろ考えさせられました。もしよければみなさんも読んでみてもらえればと思います。
| ran-yamamoto | 性同一性障害 | 03:16 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ