このブログでは、主に性同一性障害に関連する私自身の思いや活動の内容を書いています。

<< LGBT議連総会 | main | 医療機関別性同一性障害の手術療法数調査 >>
新たに3施設が認定
性同一性障害の手術療法が健康保険適用になるためには、GID学会が認定した施設で手術しなければならないのですが、このたび3つの病院が指定されることになり、合計6施設となったようです。
4月20日現在、認定医療機関は下記になります。

・札幌医科大学附属病院(北海道)
・山梨大学医学部附属病院(山梨県)
・名古屋大学医学部附属病院(愛知県)
・岡山大学病院(岡山県)
・光生病院(岡山県)
・沖縄県立中部病院(沖縄県)

札幌医科大学附属病院は3月の時点でまだ認定されておらず、何故?と思いましたが単に申請が遅れていただけのようです。
一時は「ホルモン療法が保険適用されるまで申請しないつもりか」などという憶測も飛んでいたのですが、ガセで良かったです。
上記の内、光生病院は岡山大学の難波先生が非常勤を務めていらっしゃる病院で、現在は乳房切除術だけを行っているようです。
名古屋大学医学部附属病院はまだ実績がありませんが、泌尿器科の松尾先生が札幌医科大で研鑽を積まれたとのことなのでこれから頑張っていただきたいものです。

それにしても、上記リストに関東圏や関西圏といった大都市圏の医療機関が全く含まれていないのはなんともです。
埼玉医科大、大阪医科大、関西医科大など過去に実績のあった病院には、ぜひ再開をお願いしたいところです。
とはいえ、この他にもいくつかの医療機関で開始したい意向も伝わってきています。
医療機関の少なさは、健康保険が適用医なれば徐々に広がっていくと考えていましたが、少しずつですが思惑どおりに進んでいるようです。今後に期待というところでしょうか。
一刻も早くホルモン療法を健康保険適用にして、この流れを加速させたいものです。
| ran-yamamoto | 性同一性障害 | 06:28 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ