このブログでは、主に性同一性障害に関連する私自身の思いや活動の内容を書いています。

<< gid.jpを再起動 | main | 性別適合手術は、強制断種手術ではない。 >>
島根県議の発言は「不適切」なのか?
「女性の風呂に男性のものをぶら下げた人が入ったら混乱する」と発言した島根県議の発言に、市民団体が謝罪を求める記者会見を開いたというニュースがありました。

いやいや、そりゃ女性のお風呂に男性のもをぶら下げた人が入ってきたら、混乱するどころか大騒ぎになるのは間違いありません。それが「素直な感覚」というものでしょう。
島根県議の人はそうした素直な感覚にそって発言されたわけで、謝る必要は全く無いと思いますよ。

そもそもお風呂が男湯/女湯と入浴場が分かれているのは必要性があってのことです。その女湯に一見で女性に見えない人が入浴してくるというのは本来あり得ないことですから、そこで混乱が起きたり騒ぎになるのは当然でしょう。
それでなくても女装した人が女性用のお風呂に入って逮捕されたりするニュースがよく流れる昨今です。女性はただでさえいろいろな性的被害にさらされています。

性別変更に手術要件が必要なのかどうかについては確かにいろいろな議論があります。世界的には手術要件を外す方向で動いているという話もあります。でも、日本においては入浴の習慣があるなど他国とは異なる事情もあるわけです。
手術要件の可否については私にも意見があるのでこれは別記事でまとめようと思いますが、百歩譲って未手術でも性別変更ができるようになったとしても「自分は戸籍上女性だ、女湯に入る権利があるんだ。」と声高に権利を振りかざして良いというものではありません。世の中基本は譲り合いなのですから、やはり受け入れてくれる女性側の心情にも配慮する必要性があるのは当然です。
男性器をぶら下げていても女湯を問題無く使えるようになるには、そういう女性もありうるということを多くの人が知り、受け入れてもらえるという環境が必要でしょう。そして、その環境ができるよう地道な努力をまずすべきなのではないでしょうか。

それにしても「県議の発言は残念だ。」くらいならまだしも謝罪を求めるって何様のつもりなんんでしょうか。上田さんは昔から女装コンテストを廃止に追い込んだり「おネエ」という表現にかみついたりと過敏な行動が目立ちます。
私は活動というものは「理解を求めるより共感を広げたい。」と思っています。頭で理解するのではなく、心で感じて欲しい。この件で言えば「あなたが女湯に入るのは当然だし、そうでないとおかしい。」と思ってもらうということです。それができなければ、真に受け入れてもらえたとは言えないからです。人権ゴロじゃないんですから、このような高飛車なやり方では決して共感は広がらないでしょう。
こういう活動だけは絶対にすまい、と強く思うのでした。


LGBTめぐる島根県議の発言は「不適切」 支援団体代表、謝罪求める
産経新聞関西版 2018年6月15日
https://www.sankei.com/west/news/180615/wst1806150091-n1.html

 国に性同一性障害特例法の改正を求める陳情を島根県議会に提出した市民団体代表が15日、島根県庁で記者会見し、昨年9月の審議の場で男性県議が「女性の風呂に男性のものをぶら下げた人が入ったら混乱する」と発言したのは不適切だとして謝罪を求めた。

 会見したのは性的少数者(LGBT)を支援する市民団体「のりこえねっと紫の風」の上田地優(ちひろ)代表。性別適合手術を受けなくても性別変更を認める法改正を国に請願するよう陳情で求めた。

 昨年9月26日、建設環境委員会で審査した際、この県議は、男性として生まれたLGBTが、手術をせずに「女性の風呂に入り中でひげでもそったら、(周囲の女性は)びびると思う」と発言した。取材に対し「心と体の性が一致する人にも配慮しなきゃいけないという趣旨だ。意見を変える気も謝る気もない」と答えている。

 上田代表は「県議は笑いながら発言していた。発言のレベルはネット上の誹謗中傷と同じで、同席の県の人権問題関係者から発言に反応や擁護がないこともショックだった」と話した。審議後、陳情を取り下げた。

 上田代表は、LGBTのコントラバス奏者の公演ポスターに「おネエ系」という言葉が使われたのは「不快」だと指摘。9日開催予定だった公演は中止となり、会見はその経緯を説明するとして開かれた。
| ran-yamamoto | 性同一性障害 | 23:41 | - | - |
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ